名古屋E&J法律事務所ブログ

2019.04.13 土曜日

交通事故 よくわからないけど痛い

よくわからないけど痛い,よくわからないけど麻痺がある,このよくわからないというのはけっこうくせ者です。事故で神経が高ぶっているから痛く感じているのだろうというようなことを言う医師もいます。

 でも,痛い以上何か原因があるはずです。私の経験ではこうした場合,レントゲン写真やMRIの見落としが意外とあるのです。たとえば,脊椎の圧迫骨折を見落とすということは必ずしも珍しいことではありません。頸髄の損傷ということもあります。

 画像の判断は専門性も高く,医師によって見解が異なることもあります。私は頑迷な症状があるのによくわからないという相談を受けると、何か必ず原因があるはずだと思うことにしています。

 もちろん,難しい事例がほとんどで期待に応えることができないこともありますが,まずは「よくわからない」を疑い,医師の判断が悪いのかもしれないと考え、一人の医師の判断に任せず,セカンドオピニオンを勧めています。