名古屋E&J法律事務所ブログ

2019.04.26 金曜日

交通事故事件で弁護士に求められるもの

 ① できるだけ多額の交通事故賠償金となるように求めている。

 ② 真実を求め、真実にふさわしい賠償金の獲得を求めている。

 ③ 弁護士に対しては専門家として損保以上の知識と交渉力を期待している。

 ④ 交通事故被害が誰からも理解されていないため、弁護士に依頼者の気持ちに対する正確な理解を求めている。

 ⑤ 弁護士に依頼した場合、いくらかかるものなのか明確にして欲しいと思っている。

 ⑥ 小さな事故では弁護士が引き受けてくれないと思っている。

 ⑦ 交通事故処理について先が見えないためどのような展開になるか明確な処理方針を求めてくる。

 ⑧ 交通事故事件を一刻も早く処理して、区切りをつけたいと望んでいる。