2016.08.23 火曜日

豊橋発:交通事故 腰痛、下肢の痛み・まひなど

法律相談はE&J豊橋法律事務所の弁護士が対応いたします。

 

 

 交通事故ではしばしば腰痛が発生する。画像所見などで器質的な傷害が立証できないとせいぜい認められても14級となる。

 しかし、画像がなくてもひどい痛みの例がある。私の依頼者の場合、症状がひどいのに非該当となった。そこで、腰部硬膜外ブロック、神経根ブロックなどペインクリニックを受診してもらったところ、腰痛、下肢の痛みも劇的に改善した。

 これにより、神経が傷害されたと立証できるのではないかと考えている。