2016.10.13 木曜日

豊橋発:交通事故 弁護士との相談の時期

法律相談はE&J豊橋法律事務所の弁護士が対応いたします。

 「弁護士さんといつ相談したら良いのでしょうか。」という質問をよく受ける。
原則は3つの時点がある。
 
① 事故直後
   これは証拠の保全であるとか、傷害の把握であるとか、いくつかあるので相談した方がよいかと思う。
   事故後の示談交渉もどのようになっていくか大まかな道筋もしっておく必要があるように思う。労災手続きがよいか、社会保険を利用した方がよいかの判断もある。
 
② 症状固定直前
   症状固定時期に非常に迷うことが多い。
   中には症状固定診断書をどのように書いてもらったら良いのでしょうかという相談もある。症状固定後の示談の展開も知っておく必要がある。症状固定後、自賠責の認定をとるかどうかも検討することになる。
 
③ 症状固定後、損保からの金額提示があった段階(必須)
  この時点での弁護士との相談は必須だと思う。
  症状固定後、損保から金額提示がある。これは必ず低い金額が提示される。
  この段階で被害者の金額を正確にして、今後の本格的な交渉に備えることになる。