2017.01.05 木曜日

豊橋発:交通事故 損保側弁護士による後遺症の立証

法律相談はE&J豊橋法律事務所の弁護士が対応いたします。

 交通事故の被害者側弁護士からすると,損保側代理人は手を抜いているのでは無いかと思うときがある。もちろん,一生懸命やっている弁護士もおり,損保のためになぜそこまでこだわり続けるのかと思ってしまうほどだ。

 ともかく,どういう点で手を抜いているなあと思うかと言えば,まず,形式的な依頼者である加害者本人とほとんどうちあわてないなと思うことがある点だ。一度もあったことがないまま裁判を進めている例もあるだろう。

 さらに,後遺障害についても自賠責認定や,異議申し立てをそのまま引き写して書く例が多い。自分で調べて自分の言葉で後遺障害を書くことは少なく,自賠責の判断を一言一句違えずに引き写す例がかなり多い。

 楽といえば楽だろうが,刑事事件では誠意をもって賠償しますと証言しながら,民事事件の方では賠償責任なしと争ってくる例などを経験すると,この弁護士は依頼者とほとんど打ち合わせていないと思う。