2017.01.11 水曜日

豊橋発:交通事故 悲惨な被害、アロディニア

法律相談はE&J豊橋法律事務所の弁護士が対応いたします。

 アロディニアというのをご存じだろうか。最近、わたくしには事故後アロディニアにり患した事例が多い。

 通常では痛みを引き起こさない刺激によって生じる痛みと定義されるこの疼痛は、少しの刺激で激しい痛みを引き起こす。風が吹いて皮膚に空気が触っただけでも激しい焼けつくような痛みに襲われる。何もしなくても激しい痛みに襲われる。服を着ることができない、シャワーで湯をかけることもできない、寝ることすら許されないような状態に追い込まれることもある。

 わたくしは被害者から聞き取りをして裁判所に報告書を提出するのだが、ひどい事例になると気の毒で聞いていられない。

 こんなひどい被害なのだが、交通事故の世界ではこの被害にはとても冷淡だ。保険会社はアロディニアと聞いただけ弁護士対応に変わることが多い。治療費は出ない。自賠責の認定もしない。つくづく理不尽だと思う。
 
 裁判所には何とかわかってもらいたい。