2017.03.31 金曜日

豊橋発: 交通事故 失業者

法律相談はE&J豊橋法律事務所の弁護士が対応いたします。

 

交通事故被害項目に、休業損害、逸失利益があります。いずれも事故時の収入を基礎にするため失業している場合にどうするか問題になります。たとえば,学生である場合,働いていないので原則休業損害は出ません。逸失利益も学校卒業後から収入が失われると仮定して賠償額が算定されます。
 
 問題は失業者の場合です。全く働く意思がなければ休業損害も逸失利益もありません。しかし、失業者の場合、働く意欲を持って、ハローワークに行くなどして探している場合には一定の範囲で配慮されまる。
 
 例えば、求職中事故にあってしまったばかりに,事故後の長期入院のために就職の機会を失ったような事例もあります。この場合は休業損害が一定の範囲で認められますし,逸失利益も認められます。
 
 
 
ウェブサイトはこちら  → http://www.green-justice.com/jiko/jiko3.html
お問い合わせはこちら → http://nagoya-jiko.net/contact.html