2017.04.05 水曜日

豊橋発:交通事故 弁護士に相談

法律相談はE&J豊橋法律事務所の弁護士が対応いたします。

 交通事故にあった場合、弁護士に相談することをお勧めします。行政書士と弁護士との違いは訴訟実務にかかわっているかどうかという点で大きく異なります。私たち弁護士は訴訟に携わるためどこまて賠償として主張できるか、認定のための証拠はどのようにそろえるかある程度分かります。
 
 行政書士の場合,通常自賠責請求レベルなので,実際には無理な等級認定を求めたり,引き際を間違ってしまうこともあります。簡単に事件を片付けたり、ひどく楽観的に説明したり、簡単に終わる事件を難しく説明したりする傾向にあります。
 
 もっとも、弁護士だからといってよいとは限らりません。
 やなり,安易に交渉で終わらせようとする弁護士も少なくありません。例えば「うちは裁判しない主義だから」と依頼者に平気で言う弁護士がいます。裁判しても利益とならないとか,何か別な表現ならまだ分かりますが,弁護士が裁判しない主義であるというのは意味が分かりません。
 
 さらに,等級を争わないタイプ,重大事件専門などといって金額が高額で簡単な事件しか引き受けない事例も存在します。実際、等級、過失相殺を争わない事件は交渉で解決することが多く、それほど難しい交渉ではない。
 
 弁護士の資質は①被害者の説明をよく聞き、立場に立とうするか、②等級、過失相殺などを争うことに躊躇しないか、③見通しについて法律用語の解説も含めて納得のいく説明するかなどで決まると思います。弁護士は中々他と比較できないから別の弁護士の意見も聞いて比較するのがよいかと思います。最近は無料相談が多いので比較は容易ではないでしょうか。