2017.04.22 土曜日

豊橋発:交通事故 逸失利益 労働能力喪失期間

法律相談はE&J豊橋法律事務所の弁護士が対応いたします。

 逸失利益は将来にわたって失う労働能力を賠償してもらうものです。比較的軽い神経症状であれば14級ですし、全身麻痺のような重篤なものは2級、3級となります。
 
 後遺障害の中でもむち打ち症関係の問題は群を抜いて多いようです。その多くが,非該当,14級,12級という形で争われます。神経症状に伴う後遺障害の場合,時間の経過とともに直っていくと考えられています。
 
 たとえば,判例はだいたい14級で5年間、12級で7年から10年ほどで回復すると見ています。
 しかし、人間の体は単純ではありません。長く頭痛,しびれ,痛み,麻痺に悩み裁判になることがあります。中にはあ症状固定後5年経過してもまだ痛みが続く例もあります。現に痛みがあるのに後遺障害が無くなったとすることは不合理なことです。
 
 また例えば、ヘルニア,骨折などに器質的な損傷があって痛みがあるような場合には直る見込みはありません。このようにいろいろな事情を考慮して労働能力喪失期間を延ばしていくというが弁護士の役割という事になります。
 
 
ウェブサイトはこちら  → http://www.green-justice.com/jiko/jiko3.html
お問い合わせはこちら → http://nagoya-jiko.net/contact.html

古屋駅徒歩1分名古屋E&J法律事務所、弁護士、籠橋のブログです。
豊橋駅徒歩5分、豊橋法律事務所もあります。
■交通事故を専門に、日常事件を取り上げます。交通事故は専門領域になります。
■当事務所は、6人の弁護士が、みなさまの立場に立った、親切、ていねいな法律相談をいたします。
■初回の相談料は無料。お気軽に事件の見通し、事件処理にかかる費用などお尋ねください。
■愛知、三重、岐阜、静岡のみなさまもお気軽に御相談下さい。