2014.12.01 月曜日

豊橋発:パタゴニアの存在意義

「法律相談はE&J豊橋法律事務所の弁護士が対応いたします。」

 

 どんな企業でも自分の存在意義を問い直す必要がある。
 企業は社会からの支持無くして存在することはあり得ない。ドラッカーが人を惹きつけるのは、企業が持つ社会的意義を解明しているからだ。ドラッカーによると利益は目的はなく、活動の制約要因でしかない。企業は自らの存在意義に従って社会に働きかける。企業の繁栄は社会への貢献だ。しかし、利益の範囲でしか活動はできない。
 
 この点、パタゴニアの定義は明確だ。パタゴニアは何のためにあるのだろうか。
 そのウェブサイトを見ると次のようになっている。
 
 

パタゴニアの存在意義

最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑える。そして、ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する。
-パタゴニアのミッション・ステートメント

 パタゴニアは、自分たちや仲間たちのクライミング・ギアを作る小さな会社として出発しました。現在もアルピニズムを企業理念の中心として、クライミング、スキー、スノーボード、サーフィン、フライフィッシング、パドリング、そしてエンデュランス・スポーツを楽しむ人たちのためのウェアを作っています。

 機械的な動力も観衆の声援も要しないこれらのスポーツは、どれも私たちと自然とのあいだにある架空の境界を取りはらい、「自然と一体となる瞬間」という得がたい恩恵を与えてくれます。

 私たちが作る製品は、クライマーとサーファーが集まってスタートしたビジネスと彼らが推進したミニマリストのスタイルを反映して、シンプルさと実用性に徹したデザインを追求しています。

 パタゴニアで働く私たちの心にある、手つかずの自然が残る美しい土地に対する情熱。それはまた、野生地域を保護する情熱と直結しています。野生のままの姿を留める土地や水域を守り、急速に悪化している地球環境の現状を逆行させるための活動を続けるために、米国内外で草の根環境保護活動をおこなう何百もの団体に、パタゴニアは時間と労力、さらに毎年売上の1%以上の寄付を行っています。

 私たちのビジネスも、店内の照明から製品の生地の染色に至るまで、何らかの形で環境に影響を与えています。私たちはできる限りリサイクル・ポリエステルを使用したり、農薬を大量に使って栽培される通常のコットンではなく、オーガニックコットンのみを使用するなど、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑えるために、たゆまぬ努力を続けています。

 ビジネスを営んできたこの30数年間、私たちは本質的な価値観を忠実に守りつづけながら、パタゴニアという誇るべき会社を築いてきました。そして、つねに最善を尽くしてクォリティの高い製品を作る姿勢が、市場での成功へと繋がってきたのです。