2015.04.21 火曜日

豊橋発:顧客の要求

法律相談はE&J豊橋法律事務所の弁護士が対応いたします。

 

スティーブ・ジョブズの名言がはやっている。その一つ。iPod、iPhonと次から次へと世界を変える商品を作り出しただけに説得力がある。

 
「製品をデザインするのはとても難しい。多くの場合、人は形にして見せてもらうまで,自分は何が欲しいのかわからないものだ。」
 
 私の敬愛するパタゴニア創業者、イヴォン・シュイナードもポール・ホーケンの言葉を引用して同じようなことを言っている。
 
「自分のアイディアをみんながいいと褒めたら、そのアイディアは時代遅れだ。」
 
 世界最大の小売業ウォルマートの創業者サム・ウォルトンは経営理念第8のルールでこう言っている。
 
 「顧客の期待を超えろ。そうすれば,顧客は何度も何度もやってくるだろう。顧客の期待にこたえ,さらに少しそれを超えるのだ。」
 
 顧客の期待を超える行為は平凡では成り立たない。ありえない商品が顧客の期待に応えていく。しかし、まだ見えない商品はどうやって作られるのだろうか。それは事業に対する思想、理念が社会的に支持を受けるだけの深みがあるか、ものごとの本質に迫っているかどうかで決まるような気がする。
 
 先ほどのイヴォン・シュイナードは「私たちは、最も品質の優れた製品を作りたい一心から、ビジネスを始めた。」といい、クライミング道具の最高品質をめざしていた。パタゴニアは現在は衣類を販売しているが理念には変わりない、実用的であるか、耐久性はあるか、手入れは簡単か、グローバルなデザインかなど、登山道具のもつ実用的でシンプルで機能美を持つデザインを心がけている。
 
 シュイナードは環境を重視し、社会の持続性と企業の持続性を重ね合わせている。ジョブズも製品に常に芸術性を追い求めた。よい製品は単純に高い技術、マネジメントだけでは生まれない。それを操るリーダーの人格の深さ、ぶれない思想によって築きあげられる