2015.08.20 木曜日

豊橋発:交通事故 14級と12級,神経症状に関する事務所会議

法律相談はE&J豊橋法律事務所の弁護士が対応いたします。

 

 

 14級が出されて,12級を狙うのはけっこう難しい。今日,私の事務所ではこの問題にどのように応えていくか議論した。
 
 ① 神経症状がある。
 ② 診断書には椎間板ヘルニアの記載がある。
 ③ MRIなどの画像ではヘルニアは認められるが,神経を圧迫したり,神経の炎症を示すような明確な所見はない。
 ④ 事前認定では14級となっている。
 
 このような事例でさらに12級を狙うにはどうしたらいいのか,12級が狙えない事例とそうでない事例は区別ができるのかが事務所で議論となった。
 
 事務所ではいくつかの事例が紹介され,それぞれどんな工夫をしているかを意見交換した。
 
1) 12級が狙えるだけの医証を改めて集める。
  ① 再度のMRI
  ② 筋電図などの検査
  ③ 膀胱内圧検査など
  ④ 知覚異常,感覚障害など
  など
2) 労災認定を利用する。
3) 新しい証拠が無くとも12級がとれることがあるのではないか。
4) 主治医の意見の活用を考える。