2015.09.30 水曜日

豊橋発:労働組合って大変

法律相談はE&J豊橋法律事務所の弁護士が対応いたします。

 

 私は労働者が組合を結成することは大切なことだと考えているが,中小企業法務を担当する立場からすると,「労働組合って大変」というのは率直な感想だ。小さな会社の場合,何かかにか問題がある。その問題を組合にあれやこれや言われたのでは経営者もたまったものではない。
 
 組合と交渉していつかこいつらに復讐してやろうという気になるのも無理からぬものがある。その最大の復習が会社をつぶしてしまうことだ。「おまえたち,いろいろ言うてるが,もうおしまいや。会社はもう終わりだ。」と言ってやりたいと思っている経営者も少なくないだろう。
 
 でも,早まってはいけない。経営者たる者いかなる場合にも経営に責任を持たなければならない。組合にもよるが,組合もそんなに悪くない。例えば,うまくやれば経営危機にあって事業再建に協力を求めることもできる。会社の危機に際して,職場に危機を乗り切る強い意志をもたらしてくれることもある。賢い経営者は組合と賢くつきあうことができる。
 
 組合だって会社をつぶしたのでは元も子もない。
 この経営状態でどうするんだ。他に選択肢はない。会社の経営状態を明確に示した上で社長の決意を明確に示すことが大切だ。組合側は経営の専門家ではない。口では何とでも言える。会社の債務を連帯保証し,明日をも知れぬ経営の苦しさで眠れない夜を過ごす,こんな経営者の苦労を彼らは知らない。本気で向かい合えば経営者が勝つ。
 
 中小企業法務では,一人で耐えている社長と話し合い,道筋を立てていくことも大切な作業となる。一人で悩んでいると,いつかうつ病になってしまう。