2015.12.24 木曜日

豊橋発:部下の強みを生かす責任

 法律相談はE&J豊橋法律事務所の弁護士が対応いたします。

 

 

  「ドラッカー名言集」(ダイヤモンド社)より
 部下の弱みに目を向けることは、間違っているばかりか無責任である。上司たる者は、組織に対して、部下一人ひとりの強みを可能な限り生かす責任がある。そしてそれ以上に、部下に対して、彼らの強みを最大限に生かす責任がある。

To focus on weakness is not only foolish ; it is irresponsible. A superior owes it to his organization to make the strength of ever one of his subordinates as productive as it can be. But even more does he owe it to human beings over whom he exercise authority to help them get the most out of whatever strength they may have.

 非常にわかりやすくて説明するまでもないだろう。

 

 部下はいつも管理される側だ。経営者と部下とは「越えられない溝」はたえずある。しかし、経営者に部下を育てているという信念と行動があれば、たとえ溝があろうとも、それを架ける橋ができあがるだろうと信じることができる。

 
 私の顧問先の社長は「おやじ」と呼ばれていた。ナンバーワンの部下に話を聞いたら、自分は「おやじ」を父親のように思い、「おやじ」がしてくれたことを、自分の息子にしてやっていると言っていた。こんな関係はなかなかできない。