2016.02.01 月曜日

豊橋発:交通事故 家事労働

法律相談はE&J豊橋法律事務所の弁護士が対応いたします。

 

 

 主婦の場合、家事労働に従事するという考え方で所得を計算する。だいたい当該事故年度の女子平均賃金を基準にしている。これは、逸失利益の年収、休業補償の支払にかかわることになる。
 
 この点、主婦がパートに出ていることがある。年収200万円から300万円程度ということになるが、保険会社はこの所得を基準に交渉してくることがあるから要注意だ。
 
 女性の場合、パートで働きながら主婦をこなすことがある。
 この場合私たちは、実際の所得と平均賃金の高い方を基準にしながら交渉する。本来からすれば、平均賃金に加えてパート収入ではないかという気もするが、通常は平均賃金だけを基準にしている。