2016.02.03 水曜日

豊橋発:交通事故 高次脳機能障害の判断

法律相談はE&J豊橋法律事務所の弁護士が対応いたします。

 

 

 高次脳機能障害の判断は次の3つ
① 脳に打撃を与えるようなエピソード
② 器質的な傷害が認められる所見
③ 他の疾患がないこと
 
 しかし、病気は常に典型ばかりではない。典型を基準にそれからはみ出した場合だってある。
 現在進めている事件は次のように考えている。
① 脳に打撃を与えるようなエピソード
② 脳に損傷があったと疑わせる医学的所見
   ・側頭部の骨折線
   ・外傷性の難聴
   ・側頭葉てんかん
   ・などなど
③ 知能テストなど
④ ペットなどの検査
 
   事故からすでに5年、やれることはすべてやっているので何とか勝ちたい。