2016.02.09 火曜日

豊橋発:「両利きの経営」(Ambidexterity)

法律相談はE&J豊橋法律事務所の弁護士が対応いたします。

 

経営学の初心者中の初心者向けの入門書を読みつつあるのだが、けっこう深い。

 
 その中に「両利きの経営」という考え方が出てきた。英語ではAmbidexterityと書くのだが、うまく発音できない。専門用語というのはこんなものかもしれない。
 
 これは簡単に言えばこういうことになる。
 創造性のためには知の「広がり」と知の「深化」があって、それぞれバランスをとりながら経営して初めて創造性は発揮される。
 
 有用、不要も含めてたくさんの知識を背景にイノベーションは生まれる。視野を広げるということだ。また、既に持っている技術を積み重ね、深めることもイノベーションには必要だ。この両方がバランス良く必要だというのが「両利きの経営」(Ambidexterity)の意味だ。
 
 しかし、広ければいいってものではなくて、創造性ある企業というのはそこそこ広いという傾向を持っているようだ。どの程度がそこそこかという研究は特許を例にけっこう研究されているらしい。
 
 おそらく問題はなぜ「そこそこ」の方がよいかというところが重要なのだが、どうもよく分からないようだ。私達の周りでも、やたらと雑学的に博識なヤツはすごいと言われるが、けっして尊敬されるわけではないのと似ているかも知れない。
 
  また、むやみに深めても意味がないようだ。コンピテンシートラップという言葉があって、むやみに深めることがかえってイノベーションを停滞させるというものだ。シャープの液晶などはそうかもしれない。
 
 ここで、わざわざコンピテンシートラップ(マーチ1991年)という言葉を使っているのは、そうしたガラバゴス化が、組織的欠陥として発生する点を指摘しているからだ。つまり、組織は常に保守的な傾向になりがちで、身近にある知識のみに執着してことなかれに流れやすいという点を指摘している。この意味は実に深い。
 
 こうして、知識の広さもそこそこ必要で、知識の深みもそこそこ必要という経営こそが「両利きの経営」研究の本質で、この奥深い研究はイノベーションのメカニズムを解明するという奥深い役割を担っている。