2013.08.02 金曜日

豊橋発:「搭乗者傷害保険」を利用しよう!

「法律相談はE&J豊橋法律事務所の弁護士が対応いたします。」

 事故に遭ったとき、自分が乗っていた車が、「搭乗者傷害保険」に加入していた場合は、迷わず、利用しましょう。

 搭乗者傷害保険は、保険に加入している車に乗っている「搭乗者」が、交通事故でケガをしてしまったり、死亡してしまった場合に過失に関係なく 補償する保険です。
 「搭乗者」には助手席や後部座席にも乗っている人たちはもちろん運転していたドライバーも含まれます。   つまり、こちらが100%悪くても、ケガをした場合は、保険金が支払われます。
 しかも、保険を請求しても等級が下がりません。
  さらに、搭乗者傷害保険は、加害者からの損害賠償金、自賠責保険、各種傷害保険などとは関係なく支払われ、損益相殺の対象になりません。
 相手の保険でこちらの治療費などがまかなえる場合、自分の加入している保険は使わないという方も、「搭乗者障害保険」は、積極的に請求することをオススメします。