2016.04.12 火曜日

豊橋発:交通事故 一般論としての医師とのおつきあい

法律相談はE&J豊橋法律事務所の弁護士が対応いたします。

 

 整形外科医は交通事故事例を多く手がけている。しかし、一般的には交通事故損害賠償請求事件にはかかわりたくないとする医師が多い。特に原因が分からない事例については回答を避けようとする。ひどいのになると、もう治っている、気のせいだというのを繰り返す。

 
 ともかく、、残念な話ではあるが、一般的に医師は訴訟がきらいだ。そのため治療中の患者についてはどうしても医師との関係を良好にするため、事故の話題をさけながら、いかに治癒するのか、直したいと思うから原因を教えて欲しいなどと聞いてもらうことが多い。
 
 なんだか不正常なのだが、やむえない面がある。