2016.04.15 金曜日

豊橋発:交通事故 難聴の検査

法律相談はE&J豊橋法律事務所の弁護士が対応いたします。

 

 

 難聴の検査は通常はオージオメーターやスピーチオージオメーターで図ります。スピーチオージオメーターは実際のことばを聞いてどれくらい聞こえるかを検査します。
 
 脳波聴力検査(ABR)というのものあります。これは、音による脳波の反応を見る検査で、本人の意図に関係なく現れることになります。あまり見たことはありません。最近では自動聴性脳幹検査AABR( automated  auditory brainsterm respponse)という検査もあるようですが、私は経験がありません。しかし、いずれにしろ他覚的に難聴が検査できるので有益ではないかと思います。