事業処理の流れ 弁護士費用

事件処理 相談から受任までまずは、ご相談ください。

例えばこんな相談が・・・

面談の日時を、お電話かメールにてご予約ください。

弁護士の事件処理方針、弁護士費用をご説明します。

さらにお話しを伺い、納得していただける処理方針を確定、依頼いただきます。

必要に応じ打ち合わせ、相手の対応に合わせて事案処理を進めていきます。
●示談交渉
●訴訟など法的対応

●示談交渉
●訴訟など法的対応
事案の解決を確認し、成功報酬の金額を確定します。
●解決のための処理

料金体系

相談料

初回相談料は無料になっています。初回の相談で、弁護士の事件処理方針、弁護士費用についてご説明します。

着手金

最初にお支払いいただくお金です。弁護士への委任を決めていただき、納得していただける処理方針を確定します。着手金は請求金額などを基準に5%から15%程度です。

実費

事案処理に要する事務処理費用となります。裁判所に納める印紙代、遠隔地への調査、専門家への謝礼などが加わることがあります。

成功報酬

事件が終了した時点で、事件処理によって得られた利益を基準に5%から15%程度の成功報酬をいただきます。

顧問契約

顧問料は依頼内容、事業規模によって異なりますが、月額3万円~10万円です。
どのように順調に事業が進んでいてもトラブルは起こります。商取引にあってはひとたびトラブルが生じた場合には数百万円、数千万円の賠償額が問題になることも少なくありません。こうしたリスクに適切に対応するためにも、顧問契約を結んでおくことをお勧めします。

[1]
突発する事件の処理に当たって、日常的な信頼関係を築いておくことで安心して法律相談を受けることができます。
[2]
電話や電子メールなどによる相談ができます。
[3]
こんなことまで弁護士に相談できないと思うような、不確定なことや、細かなことも相談することができます。
[4]
顧問弁護士がいることで、会社の信用が高まります。
[5]
交通事故、相続など社長や社員の個人的な相談が可能です。
[6]
当事務所では事業者にとって有益な情報を発信するとともに、セミナーや友の会などを通じて他業種との情報交流を進めていきます。