交通事故

「まずは弁護士に!」 損害に泣き寝入りしないために。

こんな経験をしていませんか?

  • ■保険会社の担当者が横柄で,被害者として扱ってもらえない。
  • ■保険会社の担当者に,いつまででも病院に通ってもらっては困ると言われた。
  • ■保険会社が,治療費を支払わないと言ってきた。
  • ■保険会社の担当者から,「この程度では後遺症とはいわない」,「少しくらいの障害は我慢してほしい」などと言われた。
  • ■後遺症認定に納得できない。
  • ■過失割合に納得できない。
  • ■保険会社が賠償金額を示してきたが,正しいかわからない。
  • ■自動車やバイクにぶつけられたけど,相手が保険に入っていなかった。
  • ■事故にあってだいぶ時間が経っているが,加害者からは何も言ってこない。
  • ■保険会社側の弁護士から内容証明郵便が送られてきた。

一人で悩んでいても何も解決しません。弁護士にご相談ください。

交通事故被害に対しては多くの場合,保険会社が交渉の相手となります。
こんなときには弁護士を活用したほうが解決の近道です。

もしも交通事故に遭ってしまったら

誰もが経験のないことにとまどうことと思います。
交通事故によって被害が生じた場合,通常は加害者が加盟している保険会社の担当者と話し合うことになります。保険会社の担当者は,被害者の無知につけ込み,被害を過小に見積もることがあります。
また,少しでも早く事件を終わらせたいために,被害者に対して,非常に横柄な態度をとることがあります。そんな時には交通事故の被害者なのに,さらに被害弁償の交渉のために苦しむことになります。
名古屋E&J法律事務所では,豊富な経験をもとに交通事故被害者の立場に立った相談活動を行っています。弁護士が正当な交渉を行うことで,大きく賠償額が変わることがあります。
また,事件によっては裁判によって解決を図った方が早期に解決できることも少なくありません。そのような案件についても,当事務所は積極的に取り組んでおります。