弁護士費用について

記載は、すべて税込みです。弁護士の着手金は、分割払いが可能です。

相談料

初回 無料
2回目以降 30分5250円

自己破産・個人再生(借金・多重債務整理)

個人(非事業者)の方 原則1件31万5000円。分割払い可。
個人(事業者)の方 1件52万5000円~(債権者数、債務総額に応じ応相談)。分割払い可。
会社の場合 1社52万5000円~(資本金、債務総額等により応相談)。

離婚事件の場合

  • ・着手金・報酬金とも、21万円から52万5000円の範囲の額。事案の難易により応相談。分割払い可。
  • ・報酬について、財産分与や慰謝料等で、経済的利益を受けた場合には、(旧日弁連報酬等基準に則って計算した適正額の報酬が加算させて頂きます。

その他、訴訟、調停、その他法的手段の場合

弁護士の費用は最初に頂くお金(※着手金と言います)と、事件が解決した場合の成功報酬に分けられます。金額は、依頼者が得ようとするもしくは得た経済的利益に応じて、決まります。

費用の目安(具体的金額には、事案に応じ、弁護士とご相談ください。)

経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下の場合 8% 16%
300万円を超え3,000万円以下の場合 5%+9万円 10%+18万円
3,000万円を超え3億円以下の場合 3%+69万円 6%+138万円
3億円を超える場合 2%+369万円 4%+738万円

*ただし、着手金の最低金額は10万円です。

着手金の目安の具体例

  • ① 300万円を請求する場合、着手金は21万円から25万2000円位になります。
  • ② 500万円を請求する場合、着手金は31万5000円から42万円位になります。