名古屋E&J法律事務所ブログ

2018.08.31 金曜日

交通事故 事故のおかげで留年

事故のために試験を受けられなかった。留年した。卒業が遅れた。などといった被害がある。例えば、1年卒業が遅れたために失われる損害は大きい。

 
 この場合、卒業が遅れたことの慰謝料が考慮されることになるだろう。また、1年分の利益、例えば当該年度の平均賃金などを基準に1年分の損失を計算するなどの操作が行われることになる。
 
 やっかいなのは、失業中の損失だ。事故のおかげで求職活動ができなかったことの損失というのがある。これは卒業と違って、事故のせいで休職活動できなかった、事故のせいで就職の機会をふいにしたという立証が難しい。私の経験では一部認められた経験があるが、やってみなければわからない。