名古屋E&J法律事務所ブログ

2018.09.29 土曜日

交通事故 零細業者の逸失利益・休業損害

  零細業者は申告額が低いです。中には申告所得が年間100万円程度の利益しかない人もいます。しかし、実際にはいろいろ使っています。そもそも、100万円程度では家族は養えません。損保側は交通事故被害額について、この低い申告所得額で計算してきます。 


 こういう場合は、実額といって、実際の所得を計算していきます。本当はやってはいけないことですが、二重の帳簿があればそれを使います。


 それもない場合はどうしますか。事業費以外の支出、つまり利益からしか支出できない支出、例えば借金の返済とか、生命保険料の支払いとか、学費とかいろいろ、これを積み上げていくと大抵400万円から500万円程度には成ります。新たな借金はないこと貯金の取り崩しもないことなどを立証して、実際には400万円から500万円以上の支出があるという主張を作り上げることになります。


 

 これはかなりエネルギーの必要な作業で、長時間の打ち合わせが必要になり,依頼者の方は大変です。

 

(この記事は弁護士 籠橋隆明 が担当しました)
名古屋E&J法律事務所へのお問い合わせはこちらから。
http://nagoya-jiko.net/contact.html