名古屋E&J法律事務所ブログ

2018.10.26 金曜日

交通事故 高次脳機能障害の診断基準

 高次脳機能障害は記憶障害、注意障害、遂行機能傷害、社会的行動障害などの認知障害によって生活の制約がある場合だ。診断は実は容易ではない。
 
 高次脳機能障害支援普及事業の基準が役立つだろう。