名古屋E&J法律事務所ブログ

2018.02.03 土曜日

交通事故 系列内評価の原則

  複数の後遺症があるような場合は,この複数の後遺障害を組み合わせて後遺症がが認定されます。たとえば,関節の損傷と目の損傷とは別の障害ですから,二つの後遺障害が組み合わされて障害認定され,等級が上げられていきます。

 
 しかし,複数の障害があったとしても,「系列内」と評価されると組み合わせて等級を認定されることはありません。関節を障害し,同時に関節の障害からくる痛みなどは同一系列の障害とされてしまします。
 
 
■交通事故を専門に、日常事件を取り上げます。交通事故は専門領域になります。
■当事務所は、5人の弁護士が、みなさまの立場に立った、親切、ていねいな法律相談をいたします。
■初回の相談料は無料。お気軽に事件の見通し、事件処理にかかる費用などお尋ねください。
■愛知、三重、岐阜、静岡のみなさまもお気軽に御相談下さい。