サービス案内Service

法人のお客様

事業再生・倒産

資金ショートの危機が訪れた場合、私たちは企業分析から始めます。もっとも重要なのは事業に「利益の出る場所」はあるかという点です。根雪のように積もった借金であっても、返済できてきたということは、それだけの利益を生み出してきたということになります。事業再生の要諦は、「利益の出る場所」をいかに借金という「重荷」から切り離すかという点につきます。法律はそのための様々な手段を用意しています。
また、事業再生を考える上で無視できないのは雇用の問題です。事業縮小に伴い時には解雇もやむを得ないでしょう。しかし、それでもリストラは社長として社員の人生に責任を持たなければならない重大な選択となります。当事務所では労働関係諸法を遵守しながら事業者のぎりぎりの選択をお手伝いします。